テーマ:

読書の秋

大好きな藤沢周平さん すてきなお話でした 最近読んだ本 しっぶ~ 浮世絵も好きな小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どくちゅう?

最近読んだ本 結構、読んでるなあ~ (りっぱに読書中毒?) 今のお気に入りは藤沢周平さん 何読んだか忘れちゃうので 記録しときま~す 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名探偵登場!

浅見光彦初登場! 「後鳥羽伝説殺人事件」 内田康夫さん その瞬間、二人のあいだに みずみずしい緊張感を伴った、 熱い想いが通い合った。 「友情」と呼ぶに相応しいもの… いいですねえ~ 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代小説もいいなあ~

これ、いいわあ~ 「密命 見参!寒月霞斬り」 佐伯泰英さん う~ん クールっ! 26巻! 読んでみるかな… 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学

人の心も科学です。 とてつもなく奥深い 「ガリレオの苦悩」 東野圭吾さん 神秘的なものを 否定するのが 科学の目的じゃない。 湯川先生、やさしくなったなあ~ 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

拷問はイヤだなあ

「占いを信じないのが吉」 「モダンタイムス」 伊坂幸太郎さん 「人生は要約できない」 「国益ってのは、正しく言えば、 その国の偉い奴の利益だ。」 「ルールには2種類あるの」 「大事なルールとそうじゃない ルール」 「大事なルールほど、法律では 決まってないのよ。」 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチがにがてな方にもおすすめ

みなしごハッチの スズメバチバージョン 「風の中のマリア」 百田尚樹さん ただし、すんごくリアルです 「女王バチは卵巣で、ワーカーは手足だ。 一頭一頭ばらばらに見えるが、実は全部 合わさって一つの生き物なんだ」 スズメバチにゃ~ スズメバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女五人よればすごくかしましい?

木曜日が好き。 大人の時間が流れているから。 「木曜組曲」 恩田 陸さん 最近新たな法則を発見したんだ 得意料理にトマト系の 料理を挙げる男… 自分を過大評価する奴が多い  (危険度ナンバーワン) ははは。{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うなるほどあるんだ!

ひゃ~お金持ちっ! 「毒笑小説」 東野圭吾さん この中の「誘拐天国」が おもしろかったです~ 大王製紙、前会長(47歳)の ことが思い浮かびました… う~ん 私もあやかりたいものです 小鉄{%コーヒーwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぐ拗ねちゃうのだ

「なんだそれ。あきれた。 馬鹿じゃないの」 … 「マスカレード・ホテル」 東野圭吾さん 男って、変なプライド もってるんだよね~ 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦妹子

「学生ってのは、近視眼型と 鳥瞰型に分類できるんだよ」 「砂漠」 伊坂幸太郎さん 私は完全に鳥瞰型だなあ… 「セオリーは当てにならないって いうセオリーだってありますよ」 ははは。 とっても、すてきな物語でした 西嶋かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完読

人間には絶対に譲れない 一線というものがある。 「ローマ人の物語 41・42・43」 塩野七生さん 一人一人が自分にとって 良しとする生き方 英語の「スタイル」 自分にとっては 他の何ものよりも重要 これでおしまいっ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信ずる道

透明に光る部分を残した ふちの欠けたグラスは 「たまンない」… 「葉桜の日」 鷺沢 萌さん 割れちゃった方が良かった? そんなことはないと 信じて… 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だんだん不思議さになれてきます

最初、なんじゃこれ って思ったけど… たまにはこういう 不思議なお話もいいかも 「なつのひかり」 江國香織さん 「私は途方に暮れてしまった」 小鉄も途方に暮れやすい ほうかなあ… 「やどかり」が けなげでかわいらしい{%音符webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画でそれを感じます

むむむ 「超・殺人事件 推理作家の苦悩」 東野圭吾さん この短編集の 「超長編小説殺人事件」ってお話 400字詰め原稿用紙 800枚分の原稿を 2000枚に水増し! 最近の映画、長い~ 内容の濃いのもあるけど… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の頃の私?

ふしぎな「ツマ」と「ムコ」 「きいろいゾウ」 西 加奈子さん 「ツマ」よりもオトナで 兄のような小学生の大地クン 私も小学生の頃は こうだったなあ~??? (人気者じゃなかったけど) 心ゆさぶられる小説でした 小鉄{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヤジじゃない

「食後のライスは大盛りで」 東海林さだおさん と~ぜんマンガはおもしろい プラス、エッセイもステキです 大人のおじさんのくせに、シャイ 心が老化してない証拠 (江口寿史さんの解説より) ここいらへんを見習いたいものです 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白黒でみてたなあ

サウンド・オブ・ミュージックの ブリギッタは宇宙家族ロビンソンに! 「メダカの花嫁学校」 阿川佐和子さん  かわいらしく知的な少女 そっか~ 私もどこかでみたことが あるなあと思ってました ドクタースミス、フライデー またみてみたいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のクロサワ

「赤ひげ診療譚」 山本周五郎さん すてきな小説です でも、どうしても 三船敏郎さん加山雄三さんの 顔がちらついてしまう 「赤ひげ」 いい映画です~ (DVDでみたんだけど) 世界のミフネ… ものすごくカッコいい 俳優さんですっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間、失格。

もはや、自分は、完全に、 人間で無くなりました。 「人間失格」 太宰 治さん それは世間が、ゆるさない。 世間じゃない。あなたが、 ゆるさないのでしょう? ゆくてをふさぐ邪魔な石を ヒキガエルはまわって通る。 いまは自分には、 幸福も不幸もありません。 ただ、一さいは過ぎて行きます。 おもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1122

ひとつのおこないが 100年の恋をさます 「あの日にドライブ」 荻原 浩さん 仮想フリンの世界から お帰りなさい~ 不満だらけの主人公だけど いい人生なのかもねっ! 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挫折

あかん~ 最後まで読めませんでした 「ちゃれんじ?」 東野圭吾さん なぜって? ナイショっ! 私、人間ができてないからなあ~ 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳がいたい

エッセイ集です 「さいえんす?」 東野圭吾さん 「本は誰がつくっているのか」 図書館やブックオフを 利用することを、 まかり間違っても、 「賢い生活術だ」と 思ってもらいたくない。 う~ん… この本も、ブックオフで 買いました… 書店でも正規…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玻璃(水晶)のような

私も科学少年(のつもり)でした 「真夏の方程式」 東野圭吾さん ガリレオシリーズ 博士今回もステキです 玻璃ケ浦(はりがうら)の海底は 携帯電話の液晶画面じゃなく 肉眼でみてみたいなあ~ 小鉄{%コーヒーwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳のせいかな

スリリングな展開 魅力ある登場人物・人間関係 とてもおもしろい小説でした 「神様がくれた指」 佐藤多佳子さん 私的には途中の バイオレンスシーンが ちょいとくどいかな~ おっさんになって 過激なのが苦手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嗜好のちがいですね

いい感じで 読みすすめたんですが… 「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」 村上由佳さん こういうかたちで 終わってしまうお話 わらわは好きになれませぬ 小鉄
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はずれがないので

ずいぶん連続して 東野圭吾さんを 読みました 「犯人のいない殺人の夜」 東野圭吾さん 本屋さん(主にブックオフ)に いって、時間がなかったり選ぶの めんどうくさいときに買ってしまう (読書好きとはいえないなあ…) ホントお世話になってま~す 小鉄{%コーヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほとんど彼の創作なんですね

本棚にねむってるのを みつけ、ひさしぶりに 読んでみました 「ブッダ」 手塚治虫さん 全然おぼえてない~ 最後まで読んじゃったけど 私にとって、手塚治虫さん イマイチなんですよ~ ごめんなさい それでも、12巻読ませちゃう とこがすごいかも… 小鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more